読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常メモランダム

日々の雑感です。

自己PRが苦手です。

「自己PRをお願いします」 この文を見るたびに、そして言われるたびに、私の中ではキタキタキター!! と、声にならないような声が上がる。 自己PR? 何それおいしいの、ととぼけたくなる衝動をぐっとこらえ、用意してあった言葉を並べる。 その言葉の薄っぺ…

春は、嫌いだ。

春は、嫌いだ。 暖かくなり、段々草木が萌え始める。寂しかった冬の庭から、ひとつ、またひとつと色が増えて行く。 それは素晴らしいことで、外を見渡すと心が踊る。日も長くなり、外に出る楽しみが増える。 しかし、同時に出会いと別れの季節でもある。 基…

レモンを見ると思い出す、彼女のこと。

「ねえ、今から箱根に行こうよ」 突然、彼女はそう言い始めた。 時刻は深夜1時をまわろうとしている。こんな真夜中に、しかもなぜ箱根。別に吉本ばななの「キッチン」みたいに、カツ丼を食べているわけでもなければ、届ける相手がいるわけでもない。あれ、あ…

ママ友なんか、別にいらない。

「遠くの身内より、近くのママ友」 とある巨大掲示板で目にした言葉に、私はふうん、そういうものなのか、と思った。 ママ友。一人目を産んですぐ、まだ家からほぼ出られない私からみれば都市伝説のようだった。試しに、明るくて美人な友人にママ友っている…

話すことを、忘れた話。

「でね、旦那がね、子どもの歯磨きができないの。暴れるからかわいそう、だって。しない方がよっぽどかわいそうだっての」 彼女の口からはポンポンと話題が飛び出してくる。そうだね、と私が相槌を打つか打たないかで「でね」と、次の言葉が出る。最早わたし…

9の次に来る数字が覚えられなくて苦しんだ日々。

「じゃあ、まずはエクセルを開いて。そう、そのファイル」 言われるがままにエクセルのファイルを開くと、そこにはシンプルな日付をセレクトするボックスと、「展開」と書かれたボタンがあった。 ボタンを押してみて、と言われておそるおそるクリックする。…

子どもが砂を食べても、笑っていられるお母さんに私はなりたい。

「ねえ、砂場で子どもが砂を食べていても、止めないで笑ってられる?」 え、どういうこと、と私は友人の顔を見返した。 冗談なのかな、と思ったが、彼女は至って真面目だった。子どもをあやしながらじっとこっちを見て、私の返事を待っている。 うーん、砂場…

言葉というものの儚さ。

日常的に書き続けた、この4ヶ月。 言葉を絞り出してはああ、この表現じゃいけない、もっと他にぴったりくる言葉があるはずだ、と手探りで模索しながら記事を書いていた。 そして書いたものを読み直しては、うん、なんだかしっくりこない、と書き直す。私の中…

例えて言うなら、それは実家でコタツに入っている時のように。

二度あることは三度ある、っていうから。 そう人に言われてはいたけど、三度あった今、四度目はいらないな、と正直思っていた。 乗り心地も良くないし、なんていったって気分は最悪だし。叫べる元気があればいいけど、ひたすらぐったりしているだけで、レア…

短くまとめるのも人目を惹くのも苦手です。

私は「これを一言で!」という仕事を任されそうになると全力で逃げたくなる。生憎、プログラマーなのでそんな機会は滅多にないのだけど。 いや、思い返してみるとある。コードを書いた後にタイトルが必要なのだ。中身を表すのがタイトルなので、変なものをつ…

子どもの頃の男女差について。

我が家は、息子がひとり、娘がひとりいる。娘の方がお姉ちゃんなのだが、男女差の凄まじさに震えるこの頃である。 息子、一歳過ぎ。興味があることは食べることと寝ること。あと最近はいたずらすること。 娘と比較すると、この頃の娘はあんまり寝ず、寝なく…

はじめまして。

ブログをまた、時々書いていこうかな。 そう思ったのは数日前、ぐちゃぐちゃとiPhoneのメモに書いては消して、書いては消して……とやっていた時だった。 思ってることを書いてつけるなら、やっぱりブログが一番じゃないのかな。日記代わりにもなるし。 けれど…